鍼灸について

鍼灸(しんきゅう)とは、皮膚または筋膜などの体表部位に特定の刺激部位(古来経絡・経穴と呼ばれてきた)を選択し、鍼や灸を用いた刺激を与えることで、各種疾病に対し治療的な介入を行なう医療技術である。戦国から後漢(B.C.5世紀〜A.D.3世紀)にかけての中国において成立した物理療法であり、近世まで東アジア各国で発展し、現在ではアジア各国は勿論、欧米でも広く活用されている。 中国を中心に東アジア各地で近代まで行なわれてきた医療の主流は、生薬を用いた「生薬方」と、物理療法である「鍼灸」である。診察手段が「体表観察」と「触診」のみしか無かった古代から近代にかけて、体表面からの病態診断法(「証」と呼ばれる病態の分類法)が発達し、それに対応する治療的技法として、生薬方と鍼灸を二本柱とする治療技法の体系が成立した。つまり鍼灸は東アジアにおける医療技法の片翼で、生薬方に対置するものである。 これら生薬方と鍼灸は、東アジア各国で地域に対応した発達をみたが、特に日本においては、江戸期に技法と技術体系の目覚しい発達が独自になされたことが知られる。すなわち、生薬方は「漢方」として日本独自のものとして発達し、鍼灸も「鍼管(ストロー状の外筒で中に細い鍼を入れるもの)」の発明による鍼の細径化とそれに伴う手技の変化と体系化が成し遂げられた。日本産の生薬方である「漢方」と、日本産の鍼管を用いた鍼灸を併せたものが、従来「東洋医学」と呼ばれ、第二次世界大戦後、共産中国において国策として成立した「中医学」と区別されてきた経緯がある。 日本においては、生薬方を用いる医師と鍼灸を用いる鍼灸医は、早い時代から分業化していた事が知られているが、分業が決定的になったのは江戸時代の盲人政策による。幕府の政策として「按摩」を盲人の専業として規定したところから、手技が連続する鍼灸も時を経ずして盲人の職業となっていった。これにより、日本においては、一般的な生薬を用いる医師(漢方医)と、盲人による鍼を用いる医師(鍼灸医)が医療の担い手となる。 盲人が鍼灸を担った歴史は世界の鍼灸を見渡しても例が無く、日本の鍼灸は非常に特異な経緯を辿ったものと言える。先述の鍼管の発明や、技法の独自発達も、これら視覚の不自由な術者が技法を担ったことにより為された側面が強く、江戸時代の盲人鍼灸医が果たした役割は非常に大きい。幕末から明治初期にかけての西欧医学の導入に際して、漢方医は比較的スムーズに西欧医に移行したが、鍼灸医については、当時の西欧医学には対応する技法も無いため医療職からは除外され、「盲人の職業保護」との名目で、慰安業としての、はり・きゆう・按摩の資格と盲学校が残された。しかし、実際には、明治天皇はじめ鍼灸に信頼を寄せる人々も多く、鍼灸は現実には戦前までの国民医療の一端を担ってきたのが実情である。 戦後、それまで営業鑑札であったはりきゆうの免許が国家資格となり、幾度かの法改正を経て、現在では3年以上養成機関で学ぶことが、「はり師」と「きゅう師」の国家試験受験要件となっている。 なお、医師法との整合性については、「あんまマッサージはりきゆうに関する法律」第一条により、鍼灸に関連する医療行為に関しては、医師法第19条の部分解除という形で認められている。


歴史について

鍼灸の発生起源は詳しくは分かっていないが、春秋末から戦国時代には、「灸」はすでに用いられていたようで、「孟子」に灸治療に対する最古の記載がある。現存する医書として実際の鍼灸治療法が記載される最古のものとしては、馬王堆漢墓(前漢・B.C.168)出土の竹簡と帛書(はくしょ=絹に書かれたもの)に、「足臂十一脈灸経」「陰陽十一脈灸経甲本」「脈法」「陰陽脈死侯」「五十二病方」等と名付けられたものがあるが、これらは全て「灸」に基づいた治療法の書である。施灸点としての「経穴」や「経絡」という概念も登場しているが、これら経絡・経穴に対する「鍼」の適用法が確立したのは、後漢(~A.D.3世紀)の時代とされる。現在も活用される鍼灸の古典医書『黄帝内経(A.D.3世紀成立)』は、前述の出土医書群の直系とされているが、記述される内容は、完全に「鍼」が主体の体系にシフトしている。これは、前漢から後漢に至る2〜3世紀の間に、本来「灸」による物理療法として生まれた治療技術体系が、「?石」(へんせき=石のメスによる瀉血)療法等を包含し、より簡便な「鍼」による物理療法として発展したことを示すものと考えられている。「灸」で見出された体表面の治療に役立つ部位(経絡・経穴)は、「鍼」による刺激にも対応する事が発見され、発展を見たわけである。 その後「灸」療法が廃れたわけではなく、病態に対応した「灸」と「鍼」の使い分けがなされ、「鍼灸」として活用されて来た。『黄帝内経』の『素問』異法方宜論篇には、華北平野の北方より「灸」が、東方より「?石」が、南方より「九鍼=鍼」が、西方より「生薬方」が起こり、中央の「導引(気功=按摩・ストレッチ)」と合わさって、当時の医療技術を形成した伝説が記されている。その後これら鍼灸技法は、陰陽五行思想と融合し、独特の治療体系を形成していく。 この時代の鍼灸を担った著明な医家としては、史記列伝に名を残す『難経』の著者扁鵲や、三国時代「魏志」に登場する華佗、『鍼灸甲乙経』を編纂した皇甫謐などが居る。


資格制度の変遷について

* 明治44年(1911年):内務省令「按摩術、鍼術灸術営業取締規則」制定。 * 大正9年(1920年):フランスから入ってきたマッサージ術と柔道整復術が按摩営業取締規則の附則に入る。 * 昭和20年(1945年):敗戦。GHQ(進駐軍)のPHW(進駐軍衛生部)により医業以外の治療行為を全て禁止するように勧告がなされる(所謂マッカーサー旋風)。これを受け、厚生省は昭和22年1月の医療制度審議会において、 1. 按摩・鍼灸・柔道整復は、医業の一として治療行為を許可する 2. 按摩・鍼灸・柔道整復は、教育を高度化させ、国家試験を実施する と答申。 * 昭和22年12月(1947年):「あん摩、はり、きゅう、柔道整復等営業法」が成立。これにより按摩・鍼灸・柔道整復の免許は、明治以来の営業鑑札(鍼術・灸術営業者)から、国家資格の身分免許となる(※但し、営業免許ではない(国家資格の身分免許)であることを明確にさせた方が良いと、昭和26年4月に「あん摩師、はり師、きゆう師及び柔道整復師法」に名称変更される)。 * 昭和30年(1955年):「あん摩師、はり師、きゆう師及び柔道整復師法」の「あん摩」が、「あん摩(マッサージ、指圧を含む)」と変更。 * 昭和53年(1978年):鍼灸を専攻する初の3年制短期大学設置(明治鍼灸短期大学)。 * 昭和58年(1983年):鍼灸を専攻する初の4年制大学設置(明治鍼灸大学)。(明治鍼灸短期大学が大学に昇格したもの) * 昭和62年(1987年):国立初の鍼灸学科を擁する3年制短期大学設置(筑波技術短期大学・鍼灸学科)。 * 昭和63年(1988年):「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」の改正により、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師に関わる試験の実施と登録事務が、都道府県知事から厚生大臣に変更(平成4年10月施行)。 * 平成3年(1991年):鍼灸関連の大学院修士課程が初めて設置(明治鍼灸大学)。 * 平成6年(1994年):鍼灸関連の大学院博士課程が初めて設置(明治鍼灸大学)。 * 平成16年(2005年):国立初の鍼灸学科を擁する4年制大学設置(筑波技術大学・鍼灸学科)。(筑波技術短期大学が大学に昇格したもの)


クレジットカード比較しよう

クレジットカード作りたい方にクレジットカード比較のサイトが人気です。

腸内洗浄情報

腸内洗浄とは、肛門および直腸を経由して腸内に液体を注入する医療行為、もしくはそれに使用する薬剤や器具の総称。

看護師の仕事が辛いなら転職も一つの手段

看護師の仕事は毎日辛いです。患者さんや医師、同じ看護師からのクレーム・人間関係など日々辛いと思います。 そんな時に歯を食いしばって我慢するという人もいるでしょうが思い切って転職する人もいます。 転職についてネガティブな見方がされる場合もありますが新しい職場へのキャリアアップと思えばプラスに考えられると思います。 これから転職をされたい方は看護師への向きと不向きの内容も見られて見てください。

リンパマッサージ情報

リンパ(英:lymph)はリンパ管に存在する、一般にアルカリ性の黄色の漿液性の液体である。リンパマッサージも人気。その成分は血管より漏出した血漿タンパク質、組織内の細胞より排出され高分子物質を含み、性状は血漿に類似する。

復縁情報

失恋(しつれん)とは、恋する相手への気持ちが成就しないこと。復縁 方法も人気。また、恋愛が何らかの形で終止符を打たれる事である。その形は様々だが、多くの人は、深い悲しみとショックに陥る。基本的に死別は失恋に含めない。

筋トレ情報

筋力トレーニングとは、骨格筋の筋力・筋持久力の維持向上や筋肥大を目的とした運動の総称。筋トレ 方法のマニュアルも人気。目的の骨格筋に対して抵抗(resistance)をかけることによって行うため、レジスタンストレーニングとも呼ばれる。

メタトレーダーが人気です。

FXでシステムトレードをしたい方にメタトレーダー4業者が人気です。デイトレードまで自動売買可能です。メタトレーダーは海外のシステムトレードのプラットフォームでかなり色々なテクニカル指標が使えます。

ハイドロキノン情報

ヒドロキノン (hydroquinone) は、化学式 C6H6O2、分子量 110.11 の二価フェノール。と表記される場合が多い(英語の発音は「ハイドロキナン」が近い)。

パンベシュはプラセンタ効果 口コミの高いプラセンタドリンクです

仮性包茎について

仮性包茎の人は早く治療した方がいい

Lionラクトフェリン

おならが止まらないならLionラクトフェリンCRAの転職サイト効果的です。

TOEICリスニングの勉強法・対策@人気ランキング

TOEICリスニングの勉強法・対策の解説ページです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

[リンク集] 相互リンク集1 相互リンク集2 相互リンク集3 相互リンク集4 相互リンク集5